[Web Movie]有田焼プロモーション動画|Qusavi

投稿日: カテゴリー: Web Movie, 制作実績

 

イギリスで開催される展示会で、有田焼を紹介するためのムービー制作を担当。

各作業工程をそれぞれ違う窯元で撮影し、一本につないだ。

BGMは和ロックをベースにテンポ良くカットを繋いでいくことで、ナレーションなどの詳細説明がなくても飽きさせない仕掛けに。

もちろん、ロックを意識したのはイギリス、ビートルズの系譜から。

 

見どころとしては、本来手作業で一つ一つが作られるイメージのある陶芸において、有田焼の窯元は最新技術を導入。

商品として統一基準のものをいくつ作れるか、という機械化の流れが見える点。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-15-23-04

窯も完全にコンピューター制御で行われている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-15-24-23

一方で、絵付けなどには、やはり人の手による作業もしっかり残る。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-15-24-46

この、伝統と最新技術の融合が、テーマである”伝統は進化する”を支えている。

 

そして、そのPVを日本向けにアレンジしたのがこちらの動画。

ベースの画は大きくは変わらないが、曲調を変えたことで、また違った雰囲気の作品として楽しむことが出来る。

やはり、日本古来の伝統や様式美を丁寧に伝えようと思ったら、和楽をベースとしたきれいめな曲が良く合うということがわかる。

突拍子もないアイディアも、それはそれで素晴らしいが、やはり良いものをそのままの姿で魅せる、という部分が動画の本質だと思う。

つまり、基本を大事にするところは、日本の伝統文化も、動画制作も、いうなればどんな仕事だって同じなんだ。