未来への投資を意識した4月。〜一段階上の仕事を展開するための試行錯誤〜

投稿日: カテゴリー: コラム, 徒然雑記

 

年末進行の終わりと静寂

4月はようやく一息ついた、というのが正直なところだったかもしれない。

そんな中で、可能な限り先への投資というカタチでいろいろと業務に取り組んでいこうと思った。

なので、テーマは「独自路線の確立〜独立採算制への一手〜」と言ったところ。

それを踏まえて、以下のような動きをしてみた。

 

動画制作コンサル業

自分の中にある知識と経験をアウトプットすることで、動画制作ディレクションの講習会を開催したい。

これは前々からやりたいと思いながら、なかなかニーズがない状態で手付かずにしていたプラン。

それが、たまたま取引のあるクライアントさんから講習会の話を頂き、まずは手探りながらも3時間近くの講演を開催させて頂いた。

いつまでも制作だけやっていたらこの会社(東京オフィス)は大きくならない。

仕事を生み出す仕事を常に意識していないと。

そういう意味で、こうした動画制作コンサルに近い仕事というのは、今後もどんどん拡大させていきたいと思う。

 

ビジネス手前の事業への注力

もう一つは、昨年末から携わってる「ラジオねこきっく」のサイトリニューアルに踏み切ったことが大きかった。

スポンサーが付いたとは言え、まだまだボランティアとしてしか成立していないメディア。

とは言え、やっぱり自分でメディアを持っているということはとても大事なことだと思っている。

もっと上手く活用し、今後は事業として展開できるようにしたい。

新しく、制作にチカラを貸してくれるスタッフも加わり、まさに今ここから、というところだと思っている。

 

5月は中期計画

4月の仕込みは間違いなく長期計画として継続していくもの。

その一方で、5月は中期計画を中心に事業分野をしっかり展開していきたいと思う。

まずは定期収入をベースに出来る新しいクライアントの開拓が重要になる。

あとはいままで通り、単発ながらも短期的に売上を上げることの出来る事業の継続。

新規事業を展開したい思いは強いけど、5,6月はもう少しガマンして、営業の方にチカラを入れていくことになりそう。

夏を目処に、そろそろスタッフ増やさないとね、みたいな話が出来るようになるのが理想。

と言うか、目標。

まだまだだけど、確実に前には進んでいる。

東京と福岡をつなぐ仕事や、サーフィン、スノボ業界とつながっていく仕事もやりたい。

構想、理想はいくらでもあるのだ。

しかし、カラダは一つ…

悩ましいけど、なにはともあれ、土台をつくって足場を固める。

当面の目標はそれでいこう。